pairs(ペアーズ)で異性の友達探しは可能?友達作りのコツを教えちゃいます!

pairs(ペアーズ)

恋人も欲しいけれど、まずは異性のお友達をつくってみたい・・・。

 

異性の友達って学生時代にはいたりするけれど、卒業すると音信不通になってしまったりしますよね。

また、女子大卒だったり学生時代は女子に無縁だったりする人も少なくありません!

恋愛をするには”異性を知る”ということがとても大切。

異性とはどんなものなのか、慣れたり知るためにも、恋人探しと並行して異性の友達作りはとてもおすすめです。

 

ですが、なかなかそのような相手を探すのも大変ですよね。

そんな時に利用したいのがpairsです。

マッチングアプリはたくさん種類がありますが、登録者が桁違いに多いペアーズでは異性の友達をつくることも平気ですよ!

今回はどうやって友達をつくればいいのかを伝授します!!

ペアーズでどんな人をターゲットに友達になればいい??

”友達”っていうと学生時代の友達の印象が抜けない人が多いと思います。

同い年で同じ趣味で家が近くて・・・みたいな?

ですが、実際に相性っていうのはそのような条件で決まるものではないのです。

”気が合う”ということが何よりも大切。

だから条件はあまり気にせずに友達作りをはじめましょう。

コツ1年齢は気にせず幅広く検索してみる

友達だったら年が近い方が絶対にいい!!

と、思うかもしれませんが、よく考えてみてください。

 

学生時代、職場などで年齢が一緒だったり近いというだけでみんなと友達になれたでしょうか?

年齢がただ近いだけというわけでは本当の友達にはなれないんです。

価値観や趣味・話すテンポ・冗談を言うタイミング…など様々な要因で気があう人出来上がります。

これらに年齢はたいして関係ないです。

 

年が離れていても、お互いの穴を埋めるような居心地の良い相手というのは必ずどこかにいます。

実生活で年上・年下と出会うとなると、先輩後輩・上司部下のような上下関係ありきの関係になってしまうためお互いに気を使って友達になることはかなり難しいです。

 

ペアーズでは最初から友達や恋人を前提に出会うことができるため、年上年下で気を使うことってないんです。(礼儀として最初は敬語を使った方がいいですが)

 

なので検索するときや、いいねが来た時は年齢のことは気にせずに写真やプロフィールの文章から決めてみると気の合う人が見つかる可能性が広がるでしょう。

上下10歳ぐらいまででしたら、意外と趣味などが合えば話は弾みます。

コツ2趣味関係で検索してみる

ペアーズではコミュニティ機能というものがあります。

趣味や価値観などのコミュニティに入れば、そのコミュニティ内に入っている人に「いいね」を送ることができますし、反対に自分の入っているコミュニティ経由に誰かが「いいね」をくれることもありますよね。

  • 好きなアーティスト
  • 好きな映画
  • ジム通い
  • ペットに犬を飼っている

 

などなど、様々なコミュニティがありますので、ここから友達になってほしいお相手を検索するのはありですね。

話題ができますし、同じ趣味があれば一緒に遊びにったりしやすくなりますのでこの機能は活用するべきです。

コツ3結婚に対する意思を確認してみる

ペアーズは本来は恋人や結婚相手を探すための恋活サイトです。

真剣に婚活をしている人は結婚願望が強いため友達探しで近づくのはあまりよくありません。

相手は結婚相手がほしいのに「友達なんて作っている暇はない!」と思われてしまいます。

 

相手の婚活の邪魔をしないためにも、このような人は最初から除外して検索しましょう。

 

なんとなく友達から欲しいな~と思っている人をターゲットにしたほうが友達になってもらいやすいですし、お互いに目的が一緒なので意気投合しやすく、身動きがとりやすくなります。

ペアーズでは相手のプロフィールを見れば結婚願望を知ることができます。

  • すぐにでもしたい
  • 2~3年のうちに
  • 良い人がいればしたい
  • 今のところ結婚は考えていない
  • わからない

このように5段階のうちのどれかをプロフィールに設定できます。

お相手のプロフィールから下の3つを選択している人を狙うのがいいでしょう。

 

上の2つは”近いうちに結婚したい”という結婚願望が見えていますので、お友達よりも恋人を優先に探されている方なので友達目的と伝えると引いてしまわれるかもしれないからです。

 

うさちゃん
うさちゃん

年齢は気にせずに、結婚願望がまだ薄そうな人を同じ趣味から探すのがオススメ!

トドちゃん
トドちゃん

かなり友達っぽい感じの人がみつかりそうだね

ペアーズで友達を募集するときのプロフィールの書き方

友達前提での人を探す場合は、それっぽいプロフィールの作り方をしたほうがいいです。

例えば、結婚願望がある人は

  • 婚活中です
  • 友達が次々に結婚しているので相手を探しています
  • 真剣にお付き合いできる人がほしいです

など、真剣な交際目的の文章を入れていることが多いです。

 

友達募集の人は、このような真剣な気持ちの人とマッチングしてはお互いの目的が違ってきてしまいますので、適切なプロフィールにしましょう。

  • 今まで異性の友達がいなかったので、いろんな人と話してみたいです
  • 趣味関係の知り合いとかできたら嬉しいなと思っています
  • 気軽に遊びに出かけられる友達が欲しいです

という風に、楽しく遊べる友達が欲しいというような文章を書くのがオススメ。

 

このように書いていると、ガチの恋活じゃなくて気軽な感じで使っているんだな~という雰囲気を相手に伝えることができますよね。

もちろん、婚活も同時にしたい方はどちらも取り入れるような文章で構わないです。

 

とりあえず、自分の目的に沿った一文を何か入れておくといいでしょう。

ペアーズで友達をつくるときの注意すべき点

友達をつくるときは、以下の点に注意するとうまくいくかもです。

飲みに誘うのは慎重に

メッセージがたくさん続けば、いよいよ本格的に友達として遊びに行くことになるでしょう。

ですが、男性がよくやってしまいがちなのが

飲みにいかない?

というフレーズ。

 

これは女子にとっては結構微妙な人が多いんです。

何故かというと女子ってそもそも

  • お酒飲めない
  • お酒興味ない
  • 飲み会とか別に好きじゃない

という人が多いからです。

 

男性は友達と遊ぶときや、会社の飲み会など飲む機会が多いので

女子も飲みでいいでしょ

みたいに思い込んでしまうんですが、女性からするとちょっと微妙に思われるかもしれません。

しかも、

初対面の人とお酒を飲んで酔った勢いで何かされたらイヤだな・・・

と、警戒心を抱かせてしまう原因にもなってしまいます。

 

もちろん、飲み会大好きや酒豪の女子も世の中にはいますので、そういう人は飲みに誘ってもOKです。

メッセージが続いたり、友達になりたいと思った相手には

  • 何が好きか
  • どんなことをして遊びたそうにしているのか

というリサーチを事前にしておいて、その結果に沿った遊びのプランを提案することが鍵となってきます。

最初のうちは相手に合わせておいて、仲が良くなってきたらだんだん飲みに誘ったり自分の要望も取り入れてもらうようにするとうまくいくでしょう。

下ネタに要注意

男女問わず、最初のうちは下ネタは絶対に言わないほうがいいです。

仲が良い・打ち解けていると、勝手に勘違いをして女友達に下ネタを言う男性がたまにいます。

そんな時、女性は顔ではニコやかにしていても、

うわぁ下品な男だなぁ

と思って距離をおかれてしまうことも。

逆に女子も男性に下ネタをあまり言わないほうがいいです。

コイツ、俺とやりたいのかな?

と、勘違いされてしまうからです。

いくら友達とはいえ、男女なので下ネタはやめておいたほうが無難です。

距離が縮まったり仲良くなったりすればOKですが、最初のうちは余計なことは言わないほうがいいです。

恋愛ありきじゃなくても相手に思いやりをもつ

ペアーズはマッチングアプリです。

  • しょせんはただのアプリ
  • ただの赤の他人
  • いつでも切れる関係

だと思って、相手を軽視してしまいがちになります。

 

友達探し・婚活にかかわらずすべての人に言えることですが、スマホの向こう側には一人の人間であり、異性がいることをしっかりと考えて接した方がいいです。

思いやりをもった言動をしていれば、必ず自分にその行動が跳ね返ってきます。

また、逆もしかりです。

相手を軽視したりてきとうに扱ってしまえば、その程度のことを自分に跳ね返ってきます。

 

自分本位で自分の思いや行動を最優先で考えていると人はどんどんと離れていってしまいます。

 

「マッチングして、友達になりたい!」

という目標があるのなら、相手を思いやるような姿勢がとても大切です。

ペアーズで友達をつくるメリット・デメリット

メリット

内面から仲良くなることができる

マッチングアプリは相手に会わずに、まずは会話からスタートさせるという仕組みです。

異性を目の前にすると、うまく話せなかったり本音が出てこなくてうまくいかない人はとても多いです。

ですが、アプリを通してだと自分のペースで考えながら返事を出すことができるため失敗することがないです。

そして、異性への返事をたくさん考えていくうちにどういう話をすればいいのか、などコミュニケーションのコツがちょっとずつつかんでいくことができます。

条件で選ぶことができる

友達になるといっても、多少の条件は気になるところですよね。

居住地・趣味なんかは特に大切。

遠距離の友達だとなかなか遊びにいったりもできませんから・・・。

 

なるべく電車ですぐに行ける範囲の都道府県で趣味がいろいろかぶっていて、年齢もある程度絞り込めばかなりの高確率で自分と近い人を見つけることができますよね。

リアルの世界だとこうはいかないのはアプリのいいところです。

合わなければ次々に探せる

恋活サイトでは、気軽に出会える分、気軽に離れることができます。

「ちょっとこの人は合わないかなぁ」

と感じれば、また別の人も探してみることができるのでとてもお手軽です。

 

リアルで出会う友達だと簡単に出会ったり、切ったりはなかなかしづらいのでサイトならではな、淡々とした出会いと別れを繰り返せそうです。

 

デメリット

相手の素性が分からない

恋活サイトでは、年齢確認こそありますが、相手の素性は分かりません。

名前や職業などほんとうのことを言っているのか疑ってしまったりしますよね。

ですが、友達前提で体の関係をもったりしなければそこまで気にしなくていいかもしれません。

 

友達は一緒に遊んでいて楽しければOKです。

婚活だと素性はかなり大事ですが、友達付き合いだと気が合えば気にする必要はないでしょう。

ただし、体の関係は結ばない・金銭の貸し借りはしないということだけは徹底しましょう。

 

これさえ守れば、素性が分からない相手でもトラブルになることはありません。

 

同性の友達は探すことができる?

ペアーズでは、恋活目的のサイトです。

そのため、異性しか検索してやりとりをすることができません。

 

もし同性の友達を作りたい人は、同性も可能でペアーズのように登録者が多いサイトを利用してみるのがオススメです。

登録者が多くないと、同性可能でも相手を見つけるのはかなり難しくなってしまうからです(;´Д`)

ペアーズで友達を探す最大のコツは条件を気にしないこと

ペアーズで友達を探すコツは、気にせずにいろんな人とどんどんマッチングをどんどんしていくということです。

 

婚活は相手の仕事、家柄、学歴、年齢など様々な要因を考慮必要があります。

そのためよく相手を見極めてマッチングをしていかなくてはいけません。

多少は慎重になる必要があるということです。

ですが、そんな婚活と違って、人生の伴侶をさがすわけでもないのが友達探しです。

 

一緒にいて楽しい

これだけが満たされていれば友達は成立します。

 

友達っていうのは唯一、利害関係のない存在になります。

お互いに依存することなく、楽しく過ごせるという性別を超えた

”相性のみ”

で成り立つ関係です。

 

なので年齢など細かいことは気にせずに、いろんな人とマッチングしてみることが大切です。

楽しい人は最初のメッセージから「なんか合うな」という感覚に陥ります。

 

最初は友達でもゆくゆくは恋人になれるかもしれないので、それだけでも友達探しはメリットがたくさんです。

 

人は人との出会いで変わることができます。

素敵な友達を探して、刺激のある生活にしてみましょう。

 

pairs公式無料アプリはこちら≫

コメント