pairs(ペアーズ)は危険⁈4つのトラブル回避法、危険人物の見極め方!安全に婚活する方法とは

pairs(ペアーズ)

マッチングアプリで婚活をしてみたいけれど、危険な目にあったりしないかな…。トラブルに合ったり、変な人に絡まれたらどうしよう!

 

pairsなどのマッチングアプリを通じて婚活をするにあたって、

トラブルなどに巻き込まれたらどうしよう

と不安になる方は少なくありません。特に女性の場合は悪い男性に引っかかってしまうことも心配の要素になるでしょう。

 

マッチングアプリは不特定多数の人間が自由に入会できてしまうため、普通の人もいれば変な人もいるという玉石混交になってしまうのが現状。

登録には身分証明書こそ必要なものの、それ以上の情報は分からないため、変な人も一定数混ざってしまうのは致し方ないのかもしれません。

 

ですが、大半の人は恋活や婚活がしたくて登録しているのであって、へんな人は極一部。ただ、そんな人たちと関わって嫌な思いをするのは事前に防御したいですよね。

 

今回はペアーズ内の危険人物の見極め方、そしてトラブルにならないような人間関係の作り方などを実際にアプリを使った私が解説します!変な男性や怪しい人の言動を網羅しますので、是非参考にしながら恋活を進めていってみてください!

  1. pairsは危険?実際のSNSの犯罪データから分析してみた
  2. ペアーズにいる危険人物は3つに分類される
    1. 金銭目的
    2. 体目的(ヤリモク)
    3. 精神的に病んでいる(サイコパス)
  3. プロフィールで排除!pairs(ペアーズ)危険人物の兆候〇種類
    1. モデルのようなイケメンにキレイな写真
    2. 水着などの写真
    3. 個人の顔が特定できない写真
    4. 料理や風景ばかり
    5. 高級車
    6. 医師、経営者を自称
    7. プロフィールが数行程度で適当
    8. 大幅な年下からのいいね!
  4. やりとりで排除!pairs(ペアーズ)危険人物の兆候3種類
    1. マッチングして数通以内にデートの誘い
    2. こちらの質問に答えない、はぐらかす
    3. 変な時間にしか返事がこない
  5. pairsでのありがちなトラブル7個とその時の対処法!
    1. ドタキャン(バックレ)
    2. 写真詐欺
    3. ボッタクリバーへの勧誘
    4. 転職セミナーやねずみ講セミナーへの勧誘
    5. 頼んでもいないのにボディタッチ
    6. 終電がなくなる時間に居酒屋
    7. 告白なしでホテルへの誘い
    8. 条件付きでの交際申し込み
    9. 変な人がいたらペアーズに通報も忘れずに!
  6. pairsでトラブルにならない5つの接し方
    1. 待ち合わせは昼間の繁華街
    2. 自己肯定感を高めておく
    3. 相手を知る
    4. 論理的に相手を会話を進めていく
    5. 会う前に電話機能で話した感じを確かめておく
  7. pairsの他に真剣度が高いマッチングアプリ3つ
    1. Omiai(おみあい)
    2. ゼクシィ縁結び
    3. ゼクシィ縁結びエージェント
  8. pairsの変な人を回避して快適な恋活を(おわりに)

pairsは危険?実際のSNSの犯罪データから分析してみた

ネットの出会い=危険

と認識がある私たちですが、その原因はニュースで見かけるSNSによるトラブルが挙げられます。

高3女子遺棄 小森容疑者「事件前、今年7月に1度会っただけ」 和美容疑者、SNSでのやりとりに嫉妬か:東京新聞 TOKYO Web
東京都墨田区の私立高校3年の鷲野花夏さん(18)が山梨県内の物置小屋で遺体で見つかった事件で、逮捕された群馬県渋川市の職業不詳小森章平...

記憶に新しいのがこちらの女子高生殺人事件。こちらはTwitterを経由しての出会いからトラブルに発展してしまいました。

このようにSNS=ネット出会い=pairsもネットの出会い

というふうにリンク付けされるようになり、婚活サイトも危険という認識が広まっています。

 

ところが、警察庁が調べたデータによると、出会い系サイトの青少年の犯罪被害件数は、ツイッターなどのSNSで起きている被害件数の62分の1

実のところ、ほとんど事件に発展するような犯罪は起きていないのです。

参考:警察庁情報技術犯罪対策課「平成29年におけるSNS等に起因する被害児童の現状と対策について」

 

そしてなぜ、同じインターネットの出会いなのに、Twitterと比べると犯罪件数が少ないのかというと、本人確認(年齢確認)や電話番号認証での登録を徹底しているからなんです。

pairs側はこれらの情報をしっかりと保管していますので、何かあっても身元がバレバレとなっています。

 

一方で、TwitterなどのSNSは身分証明書の提示などが一切なく、メルアドだけで誰でも登録できてしまう。

この登録の敷居の低さが犯罪者を呼び寄せる重たる原因となっています。

 

逆に言えば、身分証ひとつでここまで犯罪が減るのも驚きますよね。効果がしっかりあるので、身分証明書の提出は面倒でもあらゆることから守られている証拠です。

 

とはいうもの、pairsでも犯罪まではいかなくてもちょっとしたトラブルや犯罪者ではなくても変な人はやっぱり少なからずいます。重大事件に巻き込まれることは早々にないけれど、それにしても不愉快な思いをしたくないのは誰でも一緒。

 

犯罪級のトラブルはないにせよ、ちょっとしたトラブルや危険人物はどのように見分け、避けて行けばいいのか?pairsをより安全に正しく利用するために、以下で回避方法を徹底解説していきます!

 

ペアーズにいる危険人物は3つに分類される

ペアーズは危険な人間がいる!と思うといろいろな不安要素がありますが、その危険人物もただの人の子。実はその人たちの目的はシンプルに以下の3つに分かれることがほとんど。

まずはこちらを認識しておくと役に立ちます。

金銭目的

まず、これはどちらかというと女性に多いパターン。

  • パパ活や援助交際
  • メシ目的(奢らせたり、物を買ってもらう)
  • ボッタクリバーや詐欺商品の売り付け

これらを男性に要求することがあります。女性会員は無料で登録利用できるので当たればラッキーぐらいの感覚で平気でいろいろな男性に恋愛を装って近づいてきます。

また、稀に男性もママ活やねずみ講目的が存在するようですが、有料会員でしか活動できないですし、効率が悪いためか割合はかなり少なめ。金銭目的被害は男性の方が危機管理を持っておくといいでしょう。

体目的(ヤリモク)

こちらは圧倒的に男性が多いですね。婚活などのトラブルで一番多いのはこのパターンでしょうか。特に20代前半~30代ぐらいのそこそこ容姿が良かったり、トークがおもしろい女性慣れしている男性に多く見られます。

モテそうな男性はペアーズしなくても、彼女ぐらいできるでしょうから、性欲解消のためにアプリを利用することもあるようです。

ただこれに関して言えば、女性は「ヤらない」これのみで回避できるのでそんなに難しい問題でもありません。ホテルを断って去っていく男性はヤリモクなので関わらなければOKです。

精神的に病んでいる(サイコパス)

次にこれ。お金や体を要求するのは人間の本能的な部分で分かりやすいのですが、稀に精神的に少しおかしい人が混ざっています。

例えば

  • 話がかみ合わない
  • 妙に怒りっぽい
  • 自虐や死にたいなどと言ってくる

彼らは悪気こそないものの、精神レベルで病んでいる場合があります。

恋人や結婚相手には「心身ともに健康な人」を選びたいかと思いますので、

「ちょっとこの人変かな…。」なサインがあればスルーまたはブロックをしてしまいましょう。

 

私の場合だと、イケメンの男性とマッチしたので褒めてあげると

「僕は自分のことをブサイクだと思っているんです」だの「このアプリの女の人って態度悪い人が多いですよね!」だのマイナスのことばかり言ってきて、性格に問題ありそうだなと思い早々に切ったことがあります…。

 

最初は楽しい会話をしながら仲良くなるのがいいと思うので、マイナス発言のある人はやめた方がいいかもしれませんね。

 

と、このように

  • 人から何かを奪おうとしている(性欲・金)
  • 性格面がおかしい(病んでる)

危険人物というのは全てこのどれかのパターンに分かれるようになっています。思ってみればごくシンプルで分かりやすいですよね。

では、こういう人間の見抜き方を以下で解説いたします!

プロフィールで排除!pairs(ペアーズ)危険人物の兆候〇種類

それでは危険人物が作りがちなマッチングアプリのプロフィールをこちらで解説します。以下のような項目に複数該当する人は危険なので辞めた方が無難でしょう。

モデルのようなイケメンにキレイな写真

ふだん見かけないようなイケメンがプロ仕様の写真になっている場合、十中八九ねずみ講などの詐欺です。写真も、芸能プロダクションのサイトからパクったもので、本人ではないこともあります。たいていの人は友達や家族に撮ってもらったようなものを掲載していますのでご注意を!

水着などの写真

女性にたまにいますが、水着姿の写真。あきらかにパパ活など金になる男を寄せ付けています。

まともな女性が自分の水着の写真を婚活に掲載するわけがないので騙されないように。

個人の顔が特定できない写真

ボヤけた写真、やたら遠目に写っている写真など、顔が確認できない写真で誤魔化しているのは既婚者や彼女持ちです。真面目に相手を探す男性は顔がはっきり写っている写真を複数枚掲載する傾向があります。顔も分からない相手とはマッチングしなくていいです。

料理や風景ばかり

料理・風景を載せておけば女が喜ぶと思っている男がやる手口。自分の写真をあまり載せたくないから別ので誤魔化しているのでしょう。人物に特化している写真が8割・料理やペットは2割このぐらいの割合がごく自然です。料理サイトじゃあるまいし、意味不明なのでスルーしましょう。

高級車

これは男性に多いですが、お金持ちを装って高級車の写真をプロフに掲載していることがあります。高い外車に乗っていれば婚活の女性が飛びつくと浅はかな考えを持っているのでしょう。成金アピールはヤリモクやモテたいがためのアピールのため引っかからないようにしましょう。

医師、経営者を自称

医師、弁護士、経営者、コンサルタント…。などなどキラキラしていて高所得であるようなアピールには気をつけましょう。ペアーズの医師の数が全国の医師の総数を上回っていると言われているほど、虚偽のプロフィールをつくっている男性は多いです。高年収を装って女性をおびき出そうとしているだけです。水着の写真を載せる女性と同じ原理です。このような高所得男性ととんとん拍子にうまくいく場合は相手を疑ってみた方がいいでしょう

プロフィールが数行程度で適当

ヤリモク男性や恋愛の本気でない人は、自分の情報をネットにさらけ出したくないためプロフィールが適当です。職業や趣味など詳しく書いてしまうと、知人に見つかってしまう可能性がありますよね。そのためやましい気持ちがある男性は多くを語らないという行動に出ます。

大幅な年下からのいいね!

二十歳ぐらいの子、大学生からいいねが来る場合、ママ活やパパ活目当ての場合があります。単純に年上に興味がある場合もありますが、金モクもいるため注意が必要。息子や娘のような子供とそもそも恋愛するのは難しいためスルーでいいでしょう。

やりとりで排除!pairs(ペアーズ)危険人物の兆候3種類

マッチングして数通以内にデートの誘い

金や体の目的がある会員は、手っ取り早く会って実行したいと思っていますので、デートまでとんとん拍子にいきやすいです。

でも普通に考えたらおかしいですよね。恋愛や結婚相手って慎重に選ぶのになぜかとても焦っている。彼らはやりとりが面倒だし、相手に興味がないから知るということをしようとしません。

ふつうにモテそうな若い美男美女がさっさとデートに誘ってくる場合は、何か目的があると思った方がいいでしょう。

こちらの質問に答えない、はぐらかす

私がマッチしたことある男性で、相手のことを聞いていたら、話をすり替えたりすぐにこちらに聞き返してくるなど違和感のある人がいました。おそらく既婚者か何かでしょう。

恋愛する場合は、自分のことをアピールしなくては仲良くなれないですよね。なのに話をはぐらかすってその時点でおかしいし仲良くする気もないのでしょう。様子がおかしい人はスルーしましょう。

やましいことがある人は総じて、自分の話をしないという共通点があります。

 

なぜかと言うと、例えば既婚者男性の場合、休日は家族で過ごしているはずですよね。

そこにあなたが休日の予定を尋ねると男性はウソをつく必要があります。

「友達と飲みにいったりしてるよ!」と適当にウソを答えると、後日あなたに「この間の土日何してたの?」と聞かれる。

そうすると男性は更に、

「その土日は友達と飲んでた!」と、本当は嫁の実家に行っていたけれど嘘をつく必要があります。

このようにウソにウソをどんどん塗っていかなくてはなります。

なのでなるべく余計なことは話さないようにしているのです。

変な時間にしか返事がこない

おかしな時間に返事が来る場合も疑ってみたほうがいいでしょう。私が過去にマッチした人で

  • 平日は19時ぐらいまで
  • 夜中の1時以降
  • 土日は返事がほとんどこない

このような特徴の男性がいてあまりにもあからさまで驚きました!

奥さんがそばにいるときは、スマホを見ないように徹底しているのでしょう。その労力を浮気ではなく別のところに使ったほうがいいのではと思いました。

 

結婚していない人は平日の夜や土日の朝、夕方以降に返事が来ることが多かったです。

時間帯についてもよく観察してみるとすぐに分かります。

 

ただ、業者やヤリモク男性はふつうに独身もいますので、時間帯は不自然ではありませんでした。あくまでも既婚を見抜くのにこちらは使えます。

pairsでのありがちなトラブル7個とその時の対処法!

ペアーズで遭遇しがちな、トラブル類をこちらで紹介します。

婚活で複数人と会っている人はなどはどれかに遭遇することもあるかもしれません。ですが、対処法を分かっていれば、パニックにならずどのようにすべきかが分かります。

是非困った時の参考にしてみてください!

ドタキャン(バックレ)

まず多いのがドタキャンです。デートの前日や数時間前に突然キャンセルを入れて来たりします。

これは相手が急に会うのが面倒になったパターンが多く、あなたのせいではありません。

いい大人がこんなことを平然とやっているのですから、その人とご縁がなくてよかったと思っておいた方がいいでしょう。

対処法としては相手としっかりコミュニケーションをとって仲良くなっておくことをおすすめします。マッチしてからすぐに会う約束を取り付けると、どんな人かよく分からないし、なかなか会うまでのテンションが高まりません。ですが時間をかけてきちんと仲良くなることで会いたい気持ちが加速します。

写真詐欺

私も経験があるのですが、写真よりも太った男性が来てショックを受けました。(笑)

他にも、何年も前の若いころの写真を載せたり、女性でも加工アプリや奇跡の1枚で誤魔化す方もいます。

やはり実際に会った時に相手が落胆するため、実物に近い写真を掲載しておいたほうがお互いにとっていいと思います。

こちらの対処法は会う前にビデオ電話をすることです。実際に動いている状態だとウソ偽りない姿を見ることも晒すこともできますので、お互いにトラブルを回避できます。

私はこの一件から、必ずお会いする前にビデオ電話を徹底するようになりました。いい勉強になりましたね、ほんと。

ボッタクリバーへの勧誘

男性被害が圧倒的に多いボッタクリバー。まずは、女性のおすすめの店とやらには行かないこと。もし行くとしても、駅ビルに入っているようなチェーン店、大手のグルメサイトに掲載されている知名度のあるお店だけにしておきましょう。

人気のない雑居ビルに誘い込まれたりした場合は十中八九ボッタクリですのでとにかくついて行かないこと。また、デート前にお店は男性がある程度決めておいたり、予約しておくと防ぐことができます。

ボッタクリ女は回避できるし、普通の女性はお店を決めておいてくれるのに好感を持ちます。

転職セミナーやねずみ講セミナーへの勧誘

こちらも男性被害が多いです。これは普通に断ればOK。はっきり断れば彼女たちはそれ以上は何もしてきません。

対処法としては、初めてのデートは相手が詐欺かもしれないしどんな人か分からないため、デートは軽くカフェでお茶する程度にしておくといいでしょう。ねずみ講と発覚したらすぐに店を出ることができます。

頼んでもいないのにボディタッチ

これはヤリモク男に多いです。

「この女いけそう」と思われたら平気でボディタッチをベタベタとしてきます。あなたがそれでいいならノってあげればいいですが、嫌だと思ったら「何すんのじゃー!」と払いのけましょう。

女性がはっきりNOを言うことで相手も何もしてこなくなります。嫌がっている女性に触れることは性犯罪として成立するため、相手は諦めるでしょう。

ただ、2人がいいムードでしてくる場合はまた意味合いが違うため、その時の雰囲気で判断してみてくださいね◎

終電がなくなる時間に居酒屋

こちらもヤリモク男に多いですが、仕事の都合がどうのこうのと難癖をつけて、夜の20時以降など遅い時間に女性を呼び出します。

どう考えても酔わせる⇒終電逃す⇒ホテル

のコースを狙っていますね!関係が浅い時は、健全に昼間のデート。ディナーも22時までには解散をするようにしてみましょう!それで断るなら相手はヤリモク。本当に会いたい女性なら無理してでも都合をつけるのが男っていう生き物です。

告白なしでホテルへの誘い

男性は付き合わなくてセックスだけできればいいと思っていることがあります。そのような場合は告白せずにホテルに誘ってきます。

これではセフレ関係になってしまうためおすすめしません。もちろんそこから付き合うようになる方々もいますので一概にNOとは言えません。

ですが、男性が女性を好きなら、付き合おうとするはず。

ホテルに入る前にあなたから付き合うかどうかはっきり確認してみるといいでしょう。それで誤魔化すならセフレにでもしようとしているので切ってしまったほうがいいでしょう。

条件付きでの交際申し込み

既婚男性やあなたを本当に愛していない男性に多いです。

「俺はまだやりたいことがあるし、結婚とかは無理だけどそれでもいいなら付き合うよ!」

「他のことで忙しいからあまりかまってあげられないけれど、それでもいいなら付き合おう」

このように条件を突き付けて交際しようとする場合、あなたを愛していません。あなたを自分の女として置いておくのはいいけれど責任は持ちたくない証拠。

 

2人の間に困難な問題があれば、それは2人で解決していくもの。はなっから白旗を上げて交際に進む意味が分かりません。本当に好きな相手なら時間もつくるし、結婚も考える。それが男ってものです。

判断は任せますが、このような男性と一緒にいても幸せになれないことを頭の隅に置いておくといいでしょう。

変な人がいたらペアーズに通報も忘れずに!

典型的な変な人たちを挙げていきました。主に金銭、男女のトラブルが大半でしょう。

変な人がいたらペアーズから運営に通報機能があるので忘れずに報告しましょう。

 

相手のプロフィールの右上あたりのアイコンに「通報する」ボタンがあります。または運営へのお問い合わせフォームから連絡でもいいでしょう。

場合によっては相手は退会処分や警告がいきます。他の被害者が出ないためにもあなたのワンクリックをお願いいたします。

pairsでトラブルにならない5つの接し方

pairsでヤリモク被害にあう、女性に貢がされるなど、このようなトラブルに遭う側は、相手を変えるのではなく、自分が被害に遭いにくいタイプになっていくことが大事です。

いつも男運がない女性、女に貢いでも相手にされない男性はお決まりの行動パターンを繰り返している可能性が高いです。人を変えることができないけれど、自分自身がしっかりしていればペアーズでは危険な目に合わないと断言できます。

以下のようなこと側に注力すれば99%のトラブルは回避可能です。

待ち合わせは昼間の繁華街

ボッタクリバーへの勧誘、ヤリモクのラブホへの誘い。いつだって事件は夜に起こります。

実際にあらゆる犯罪は夜に行われていることが多く、白昼堂々、いろんな人がいる場所では誰でも実行がしづらいです。

関係が浅いうちは極力、昼間の繫華街!!これを徹底しましょう。

自己肯定感を高めておく

恋愛関係で悩まされる人は(特に女性に多い)自分に自信がないことが原因でもあります。

「こんな私を愛してくれる人は他にいない…。」と思い込んでヤリモクなどに引っかかってしまう原因に。

自分を好きになり、自分を大切に、自分の気持ちに正直に、と、自分ベースで生きるクセをつくればこのようなトラブルに巻き込まれることは少なくなります。

嫌なことをされたらはっきりNOと言う。あなたを大切にしてくれる人は必ずあらわれます。

相手を知る

相手に騙されてしまう人は、総じて相手を知ることに欠けています。

相手の年齢や好みのタイプか、職業や年収などにはこだわるくせに、肝心の相手の人間性は置き去りにしていませんか?

大事なのは内面です。見た目がキラキラしていても内面がゴミなら、ゴミのような思い出しかつくることができません。

 

相手が幼少期からどのような環境で育ったか、過去の恋愛で辛かったこと、今仕事は楽しくできているか?など、相手の性格、気持ちや人生観などが分かるようなことをどんどん聞いてみましょう。

ここで共感などをすることが出来れば内面での距離がグッと近づくことができます。

論理的に相手を会話を進めていく

何か相手に不信感を持ったり、トラブルになった、意見の食い違いが会った時、感情的にならずに論理的に話をするようにしましょう。

ボッタクリバーに誘おうとする女性には言われるがまま着いていくのではなく、

「今からどこにいくつもり?初めてのデートだから一緒に相談してお店を決めよう。できない理由でもあるの?」

と、きっちり相手と話すようにしましょう。突き詰めればやましいことをしようとする相手は何も言えなくなります。

 

ホテルに誘ってくるヤリモクにはこう言います

「付き合っていないのに何故ホテルに行こうとするの?普通のデートに行けない理由とは?」としっかり相手の考えを聞いてみましょう。話し合う機会を設ければ相手の気持ちが分かり、2人の関係性が変わります。

その場の雰囲気や情に流されずに、相手と話し合うことが、実は相手のためにもなるのです。

会う前に電話機能で話した感じを確かめておく

最後におすすめなのが、ペアーズの電話機能を使ってみると言うこと。

ペアーズはLINE交換をしなくても、トーク画面から実は電話で会話を楽しめます。

テレビ電話もできますし、カメラオフで音声電話だけもできます。

 

電話である程度お互いのことを聞いて観たり、話しているうちに打ち解けることもできるし、ボッタクリ詐欺やヤリモクの人は電話なんてめんどくさくて長々とやりたがりません。

これだけで変な人を除外することもできるし、会う前に話した感じが分かるためやっておいて損することはないでしょう。ペアーズの会員なら誰でも無料で使える機能なので是非利用してみましょう。

pairsの他に真剣度が高いマッチングアプリ3つ

pairsの危険人物やトラブル回避を解説しました。ただ、ペアーズはアプリの中でもかなり安全な部類に入りますので、そこまで心配もいりません。

ただ、婚活に真剣な人などは、このような邪魔者が足枷となってしまうことも。こちらではより変な人が少なくなる真剣度の高いアプリも掲載します。

結婚までの時間を短縮したい方や急ぎ足の方はこちらの方がおすすめです。

Omiai(おみあい)

ペアーズと同じく人気の高いOmiaiは、女性無料で婚活に最適なアプリ。

年齢層が20代後半からと、ペアーズよりも落ち着いた雰囲気で活動ができます。こちらは結婚に真剣度が高く、アラフォーの方でも彼氏をつくったりしやすいため婚活に最適です。

また、やりもくがかなり少ないとの情報もあり、真面目に活動したい人はこちらもおすすめです。

Omiai公式無料アプリはこちら≫

ゼクシィ縁結び

こちらは男女共に有料のゼクシィ縁結び。

ブライダル雑誌ゼクシィが運営をするマッチングアプリで、とにかく結婚色が強いです。こちらは結婚相談所のような感覚のアプリのため、さらにヤリモクや業者が少なくなります。

恋人探しよりも、婚約者探しはこちらが向いています。女性も有料がネックですが、半年以内にお相手が見つからない場合、保障の精度もありますのでそちらも踏まえて検討してみてください。

最初に性格診断18問を行うと、相性のいい相手をAIが自動で紹介してくれるのも嬉しい機能。

登録や相性診断までは全員無料なので気になり方は操作だけでもお試しください。

ゼクシィ縁結び ゼクシィ縁結びへの登録はこちら

ゼクシィ縁結びエージェント

100%既婚者・業者に当たりたくない。過去にトラブルがあってひどい後遺症があるなど、何がなんでも変な人を避けたい方はアプリよりも結婚相談所が向いています。

相談所は、プロの仲介業者ですので相手の身元の特定や身分証、年収などをすべてウソ偽りなくプロフィールに掲載されるため、100%安全な婚活が可能です。

安全だし仲介も入る、更に会員のうちは性行為は禁止となっており、女性が通報したら相手は即退会処分となるためヤリモクは登録ができません。

 

徹底されている分、お金がかかります。ただ、このゼクシィ縁結びエージェントは、業界内でも最安値の相談所。入会金、年会費が他よりも格段にお安いためまだ敷居が低い相談所と言えます。

1年以内に成婚すれば、その場限りのコストとはなります。出会えば一生モノの価値がありますので、こちらも合わせて検討してみるといいでしょう。店舗での無料相談で登録している方のプロフィールを少し見せてもらえたり、プランの説明もあるため気になる方は足を運んでみてください。



ゼクシィ縁結びエージェント公式はこちら(予約必須)≫

 

pairsの変な人を回避して快適な恋活を(おわりに)

ペアーズの主に起こりそうなトラブルや危険人物を解説しました。

重大な事件は滅多にないけれど、ちょこちょこ変な人やわずかなトラブルに遭う可能性は十分にあります。

婚活をして相手を見つけるというメリットがある以上、多少のリスクは致し方ありません。

ですが、今回紹介した対処法などを熟知し、あなた自身がしっかりとした態度、毅然とした態度で臨めば、変な人は逃げていってしまいます。

婚活は誰でも助けてはくれないため、自分をしっかり持って誠意ある対応をしてください。

そうすればいい人はきっと見つかります。

 

変な人をうまく交わしつつも、いい方がいれば是非仲良くなってくださいね、いいお相手をみつけましょう!

 

 

コメント